30代未経験でも転職しやすい職種とは

30代未経験でも転職しやすい職種とは

30代で未経験の職種に転職することは難しい、というのが世間の常識です。
なぜなら企業が30代に求めるものは、「即戦力」だからです。

ですが少子高齢化が進み若年層が不足していることで、転職の常識にも変化が出てきています。
つまり30代でも未経験の職種に転職することは、十分に可能だという意味です。

とは言うものの、30代から目指すには厳しい職種も当然あります。
そこでこの記事では30代未経験でも転職できる職種、難しい職種を紹介しています。

30代未経験でも転職できる職種

30代未経験でも転職できる職種としては、次のものがあります。

  • 営業
  • 事務職
  • 小売店店員
  • 飲食店店員
  • ホテル総合職
  • マンション・ビル管理
  • 介護職

実際に求人を探してみると分かりますが、かなり多くの職種で「未経験可」の求人を見つけることができます。
「未経験可求人」の特徴としては、特別な経験やスキル・資格を必要としないことです。
また「人手不足の業界」が多いこともわかります。

つまり次の3つに当てはまれば、30代未経験でも転職できると考えられるでしょう。

  • 特別な経験やスキル・資格が必要ない
  • 未経験可の求人
  • 人手不足の業界

また次の職種も30代未経験で転職することができます。
転職したければ…ですが。

  • ブロガー
  • ユーチューバー
  • 投資家
  • フリーランス

上記は「個人事業主」として働くことになるので、たとえ未経験でも自分の意思で転職することができます。
ですが稼げるかどうかは別問題なので、目指すとしても慎重に判断してください。

30代未経験では転職が難しい職種

30代未経験では転職が難しい職種は、次のものがあります。

  • 年齢制限のある職種
  • 経験やスキルが重視される職種

年齢制限のある職種

年齢制限のある職種は、そもそも30代が対象外となるため、転職はできません。

  • 公務員
  • プロ野球選手
  • プロボクサー
  • Jリーガー
  • 力士
  • オートレーサー
  • ボートレーサー

ちなみに公務員は、35歳程度まで受けられる試験もあります。

求人票で具体的に経験者を求めている職種

求人票で具体的に経験者を募集している職種も、未経験では転職が難しくなります。
たとえば次のような求人。

【必要業務経験】
資金管理、為替管理のご経験
金融機関での業務経験

■必須条件:
・人事、総務、経理いずれかにて就業経験のある方
・マネジメント経験のある方

必要な経験が明確に書かれている求人は、未経験者が申し込んでも採用されることはありません。
技術職なども求人票に必要なスキルが明記されているため、30代未経験者が転職することは難しいでしょう。

資格の取得が必須の職種

資格の取得が必須となっている職種も、不可能ではありませんが、難しいでしょう。
たとえば次のような職種です。

  • 弁護士
  • 裁判官
  • 検事
  • 医師
  • 看護師

これらの職種を目指す場合は、関連する職場で働きながら資格取得を目指すことが一般的です。
もし今、全く関係のない業界で働いているとすれば、関連する職場への転職を目指してください。

大学を卒業しないといけない

大学卒業が条件となる職種も、30代で目指すのは難しくなります。
理由は「学費」と「生活費」です。

  • 教員
  • 薬剤師

30代であれば大抵の職種に転職できる

実際の所30代であれば、ほとんどの職種に未経験で転職することができます。
とは言っても厳しいことに変わりはないので、未経験職種を目指すのであれば30代前半までに行動を起こすべきでしょう。