30代未経験の転職を成功させるには

未経験の転職を成功させるには

30代が未経験の仕事に転職することは、難しいといわれています。
その理由は、企業が30代に求めるものが「即戦力」だからです。
というのが世間一般の常識ですよね。

ですが最近は次の理由から、30代でも未経験の転職がしやすくなっています。

  • 少子高齢化により若手が不足している
  • 定年の年齢が引上げられ、30代は若手という認識に変わりつつある
  • 中高年の転職者が増え続けている

「終身雇用」や「35歳限界説」があったころは、30代未経験の転職はほぼ不可能と言える状況でした。
でも今は時代が違います。
30代でも未経験の仕事に転職できるのです。

そのために大切なことは、次の6つ。

  • キャリアの棚卸を行う
  • できること、果たすべき役割、やりたいことを考える
  • 足りない知識や経験を補う
  • 在職中に仕事を探す
  • 会いたいと思わせる職務経歴書を作る
  • 第一印象を全力で良くする

この記事では30代未経験の転職を成功させるために、方法について紹介しています。

職種を経験していなくても転職はできる

未経験の仕事に転職を考えると、その仕事を経験していないと転職できないと、考えてしまうことがあります。
ですがこれは大きな勘違いです。

30代以降の転職では、「今までの経験を生かすことができる」と判断された場合、直接その仕事を経験していなくても、転職することができます。

今までの経験で生かせるスキルや経験としては、「販路」や「客層」「マネジメントスキル」「販売手法」「店舗運営経験」などがあります。

「仕事の経験がないから未経験」だと考えるのではなく、今までの経験をどう生かすのか、応用が利くスキルはないのかを考える。
30代で未経験の仕事を目指すときは、この考え方がとても大切になります。

キャリアの棚卸を行う

30代で未経験の仕事に転職する場合、20代のように「やりたい」という気持ちだけで採用されることはありません。
大卒者で考えても社会人経験が10年近くありますから、それなりの「経験」や「スキル」をアピールすることが大切です。

そのため、転職を考えたらまず行うべきことが「キャリアの棚卸」です。
「面倒くさい」と思うかもしれませんが、転職をするときにキャリアの棚卸は必須になります。
その理由は次の4つ。

  • 職務経歴書を書くときに必要になる
  • 自分の強みを把握できる
  • 自分の弱みを把握できる
  • 希望する企業ごとに、職務経歴書を書換えるのが容易になる

「面倒くさい」と思っても、どうせ職務経歴書を書くときにキャリアの棚卸はやらないといけませんよね。
であれば事前に行っても同じだと思いませんか?

転職活動で必要になることですから、面倒くさがらずにキャリアの棚卸をするようにしてください。

キャリアの棚卸のやり方

キャリアの棚卸は、次の順番で行っていきます。

1.経験した業務、プロジェクトを書き出す
2.職場での役割を書き出す
3.成果や問題解決したこと、改善したことをなるべく「数字」を使って書き出す
4.3について、結果に至るまでの「過程」を書き出す
5.3について、失敗やアクシデント、乗り越えた方法を書き出す
6.4と5について、学んだことや身についたことを書き出す
7.マネジメント経験があれば、対象者や年齢層など、全て書き出す

上記内容を時系列でエクセルなどにまとめていきます。
注意点としては、在職中にその仕事のキャリアを棚卸しておくこと。

仕事を辞めると今の仕事の成果を数字で作成することが難しくなります。
会社に行かないと分からない数字もありますし、辞めてしまえば「秘密保持」の観点から、見せてもらえなくなります。

またキャリアの棚卸は社会人として働く限り、財産として生かせるものです。
一度作成して終わらせるのではなく、定期的に追記することをオススメします。

できること、果たすべき役割、やりたいことを考える

未経験の仕事を目指していると、「やりたいこと」だけに意識が向きがちです。
ですが30代は「やりたい」という気持ちだけでは採用されません。
大切なのは「できること」「果たすべき役割」も一緒に考えることです。

とは言っても未経験の仕事を目指していると、「できること」や「果たすべき役割」はないと思うかもしれません。
でも今までの経験とやりたい仕事の共通点を考えれば、「できること」と「果たすべき役割」は必ずあります。

もしなかなか見つからない時は、キャリアの棚卸で作成したシートを見てください。
今までの経験やスキルの中に、「やりたいこと」で生かせることはありませんか?

「できること」と「果たすべき役割」を見つけ、その上で「やりたいこと」について熱意を込めて話せば、未経験の仕事でも採用されやすくなります。
そのために多少時間が掛かってでも、できること、果たすべき役割、やりたいことを考えることが大切です。

足りない知識や経験を補う

もし希望する仕事に転職するには、知識や経験が足りないと思うのなら、在職中に補うことを考えます。
その方法は次の4つ。

  • プロジェクトに参加する
  • 経験が得られる部署への異動願を出す
  • スクールやセミナーに通う
  • 資格の勉強、取得をする

希望する仕事に関連したプロジェクトがあるのなら、積極的に参加するべきです。
なぜなら何の経験もなく未経験の転職に挑んでも、ほとんどの場合は失敗します。
失敗するのであれば、多少遠回りかもしれませんが、今の会社で経験を積むべきです。

直接経験を積みたいのなら、異動願を出すことが一番早いかもしれません。
空き時間を使って、スクールやセミナーに通い、ビジネススキルを身につけてもいいでしょう。

知識が不足しているのなら、資格の勉強を行い取得することで、身につけることができます。

努力が認められることもある

私は30代で営業から未経験職種である経理への転職を成功させています。
そして経理を目指したときに取った方法は、「資格を取得すること」です。

実際資格を取得する前と後では、面接を受けられる会社の数が変わりました。
税理士事務所からも内定をもらったほどになったのです。

希望する仕事に就くために、今から努力していけば、面接でアピールすることができます。
そしてその努力は、「やる気」と「将来性」として評価されることがあるのです。

在職中に仕事を探す

未経験の転職は、必ず在職中に転職活動を行います。
30代未経験でも転職できるとはいえ、難しいことに変わりはありません。

キャリアアップ転職でさえ仕事を辞めてしまえば、「転職活動が長期化する」「収入がゼロになる」などのリスクがありますよね。
それよりもさらにリスクの高い未経験の転職で、収入がゼロになるリスクを背負う必要はないはずです。

仕事を辞めなければたとえ不採用が続いたとしても、生活を続けることができます。
貯金を崩す必要はありませんし、慌てて適当な仕事を選ぶこともありません。

在職中に仕事を探すことが、そのままセーフティーネットになるのです。
未経験の転職は、必ず在職中に行ってください。

会いたいと思わせる職務経歴書を作る

履歴書と一緒に送付する職務経歴書では、相手に「会いたい」と思わせることが大切です。
これが未経験の転職だとなかなかできないことが多い。

キャリアアップ転職であれば、共通した経験やスキルを求められることが多いので、特に意識しなくても良い職務経歴書を作ることができます。
ですが未経験の転職では、希望する職種に関連した経験やスキルをアピールしなければいけません。

つまり何も考えずに時系列で職務経歴を作ってはいけない、ということです。

職務経歴書を作るときに、押さえるべきポイントは次の5つ。

  • A4用紙2枚に収める
  • 経歴が多いときは「逆年代式順」で作成する
  • 複数の分野で経験がある人は「キャリア式」で作成する
  • アピールポイントは「別枠」を設ける
  • 読み手のことを考えて作成する

また注意点として次の3つがあります。

  • 業界用語は使わない
  • 客観的事実を書く
  • なるべく数字で表現する

適当に書いた職務経歴書では、なかなか書類選考を通過できないでしょう。
キャリアの棚卸も参考にして、「この人に会いたい」と思わせる職務経歴書を作成してください。

第一印象を全力で良くする

書類選考を通過し、面接まで進めたら大切なことは1つだけ。
「第一印象を全力で良くする」ことです。

面接対策でよく言われる、次のことは当たり前のこととして行ってください。

  • 質問に対する答えを用意しておく
  • 自己PRを1分程度で考えておく
  • 退職理由と志望動機は1つのストーリーとして話す
  • 最後の質問を考えておく

また面接当日は、会う人すべてが面接官だと思って接することも大切です。

そして最も力を入れるべきなのが「第一印象」です。

人の印象は第一印象でほぼ決まります。
第一印象が悪い場合、良い印象に変えるには数年かかるといわれるほどです。

つまり面接の場では、第一印象さえ良ければその後の失敗を補うことができます。
逆に第一印象が悪ければ、採用されることはまずありません。

「見た目」「表情」「立ち振る舞い」に気を使い、全力で第一印象を良くしてください。
面接の結果が大きく変わることが、きっと実感できるはずです。

最後に

30代で未経験の仕事を目指すときに、おすすめの方法を紹介しました。

「おすすめ」と聞くと、裏技のように簡単に採用される方法を想像されたかもしれません。
ですが転職に裏技は存在しません。
あるとすれば、「コネ」くらいのものでしょう。

30代の転職は、程度の差があるとしても「即戦力」を求められます。
企業のニーズが「即戦力」になっているので、これはどうしようもないことです。

なので今までの経験や身に着けたスキルから、関連したものを抜き出し、前面に出してアピールすることが大切です。

この記事が30代で未経験の仕事を目指している方の、参考になれば幸いです。