シドーミネアのデッキ構成と立ち回りのコツ

シドーのLV3スキルを連発して戦うシドーミネア。

はっきり言って大嫌いなデッキです。
ランクまで出会ったら即リタイアします。
フリーマッチでであっても、即リタイアして一切相手にしません。

理由は対戦が長引く上にかなりうざいから。

ここまでうざったいデッキはそうそうありません。
だらだら、だらだら戦闘が長引き、デッキが尽きるまで決着がつかない…。

相手にするのも面倒くさいデッキ、という印象です。

ということで、シドーミネアのデッキ構成と立ち回りのコツを紹介します。

デッキの中身

シドーミネアは、シドーをLV3にしてからテンションを上げまくり、シドーのLV3スキルで敵リーダーを攻撃していくデッキ。

なので、テンションを上げやすいカードがそろっています。

必須カード

必須になるカードは、テンションを上げるための「おうえん」があるカード。

そして、銀のタロットを手に入れるために、「占い師の交換所」と「ベホイミスライム」「インプ」は必須です。

さらに、LV3スキルを使ってカードドローを狙うために、「劇場」も必ず入れてください。

劇場をさーちするために「ゴルゴン」も必須です。

そして劣勢を覆す(相手のやる気をなくす)「逆転への兆し」も入れましょう。

さらに切り札として、「ヘラクレイザー」と「フウラ」もあると便利です。

シドーミネアはほぼデッキ構成が固定されているため、バトルチャンネルにあるデッキをコピーしてもそこそこ戦えます。

それよりも、どう立ち回るかがポイントになってきますね。

ミラーは先行が有利すぎて笑えない

同じシドーミネアのミラー対決は、9割くらいの確立で先行が勝ちます。

ヒーロースキルに頼っているデッキだと、先行が有利すぎて笑えないのです。

まったく勝てないわけではありません。

ですが、同じことを狙っている以上、先に動けるほうが有利なのは至極当然のこと。

笑えないくらい先行有利すぎて、びっくりしますよ。

立ち回りのコツ

立ち回りのポイントなんてあるのかこのデッキに…。

あるとすれば、テンションが上がるカードは、シドーがLV3になってから使う。

最速でシドーLV3を目指す、くらいかな。

相手の嫌がることをやれば勝てる

よっぽどカードの引きが悪くない限り、相手の嫌がることをやっていれば勝てます。

何しろシドーLV3は、攻撃と回復を選べるスーパースキル。

しかも使うほどに威力が増していき、手が付けられなくなっていきます。

なので相手の嫌がることをコツコツとやっていけば、そうそう負けることはありません。

最速でシドーLV3を目指す

シドーLV3スキルが使えないと話にならないデッキなので、がむしゃらにシドーLV3を目指します。

最近はシドーにみんな慣れてきているので、様々な対策をとってきます。

例えばHP3のユニットを、シドーが召喚される前のターンに並べたり、とかですね。

とはいえシドーがLV3にならないとどうにもできないデッキなのも事実。

できるだけ自分に有利な環境を作って、シドーを召喚してください。

個人的に嫌いなデッキ

シドーを召喚できるのが6ターン目。
そこからシドーLV3スキルを使って、攻撃や回復を繰り出すデッキです。

言い方を変えれば、スタート地点が6ターン目のようなデッキ。

当然バトルも長くなりがちなのです。

さらに強烈な攻撃と強烈な回復をするシドーLV3スキル。

それにプラスして「逆転の兆し」での、敵ユニットの弱体化。

太陽のタロットでの全体攻撃に超回復と、とにかく面倒くさいが揃いまくったデッキ。

デッキを使う側になっても、どうしても好きになれないんですよねぇ。

デッキは強い

デッキはかなり強い。

扱いに慣れれば、そうそう負けることはないでしょう。

偶数と組み合わせて使うこともできますし、ヒーロースキルを連発できるのは、かなり面白いはずです。

ただ管理人が好きではない、というだけ。

使っている人も多くありませんし、気分転換で遊ぶにはいいかもしれません。

※☆の数は執筆時のApp StoreまたはGoogle Playの数字です。