ビルドトルネコのデッキ構成と立ち回りを考察!

管理人が好んで使っている、変身は一切しないビルドトルネコ。

扱いやすいうえに対応力も高く、手札が事故を起こさない限りめったに負けない、かなり強いデッキです。

デッキのコンセプトは、ユニットを種で強化しながら盤面をとっていき、レッドプレデターや魔神機キラーマジンガでリーサルを狙っていきます。

回すときのポイントは、ユニットを倒されないように強化することですね。

ということで、ビルドトルネコを考察!!

デッキの構成

デッキはユニットを強化しながら戦うことを考えているので、ユニットが多め。

コスト1で強い「つちわらし」「とげぼうず」を入れています。

「さつじんえい」は種を手に入れるための捨て駒枠。
ほかのユニットが良ければ入れ替えてもいいかも。

そしてバケモンともいわれる「ケダモン」は必須。

あとは速攻を持っている「プチファイター」と「ブラバニクイーン」は入れたほうがいいですね。

そしてリーサル要員として「レッドプレデター」と「魔神機キラーマシンガ」を入れています。

建物は道具屋のみ。
変身を使わないので美容室は入れていません。

入れると便利なくらやみハーピー

くらやみハーピーは、召喚時にユニット1体のHPを攻撃力と同じ値にする、ものすごく便利な能力を持っているユニット。

HPが高くて倒しにくい「シーゴーレム」や、かなり厄介な「地獄の帝王エスターク」に対して、強力な能力を発揮します。

そしてくらやみハーピーの使い道はそれだけじゃないのです。

例えば種で攻撃力を強化したユニットに、くらやみハーピーの能力を使えば…

攻撃力とHPが同じ値になるので、相手にとってものすごく厄介なユニットに育てることもできちゃいます!

また攻撃して減ったHPも攻撃力と同じ値まで上げることができるので、疑似回復みたいなこともできるのです。

トルネコにとって最高の相棒ともいえるくらやみハーピー。

使えるシーンが多いので、デッキに入れることをお勧めします。

立ち回りのポイント

ビルドトルネコの立ち回りのポイントは3つ。

  • 早いターンで道具屋を建てる
  • 手札6枚以上を維持する
  • ユニットが倒されないように強化

ということで、序盤の流れを見ていきます。

1ターン目

基本は相手の動きを予測してカードを使っていきます。

画像は先行。
相手はピサロなので、1ターン目は1コストのユニットを出します。

これは、無駄なダメージを食らわないため。

相手にピサロナイトを出されると3ダメージ確定でもらってしまうため、少しでも身を守るためにユニットを出しています。

相手がユニットを出しそうにない場合は、道具屋を早く建てるためにビルドを使っていきます。

2ターン目

2ターン目は相手が出してきたユニット(画像ではピサロ)を倒します。

そしてビルドを使い、LV1スキルで建物をサーチ。
道具屋のコストを1つ下げたらターン終了です。

1ターン目にビルドを使っていたら、建物サーチで道具屋を手に入れられれば、そのまま道具屋を建てます。

サーチできなければテンションを上げましょう。

3ターン目

3ターン目は道具屋と牧場を建ててターン終了。

2ターン目に道具屋を建てていた場合は、牧場を建てた後に1コストのユニットを出すか、テンションを上げてターン終了です。

3ターン目までは動きが予測できる

ランクが上がっていくと似たようなデッキが増えてくるので、3ターン目までは動きが予測できます。

なので3ターン目までに牧場と道具屋を建てられれば、とりあえず順調だと考えてください。

4ターン目以降

4ターン目以降は相手の動きを見ながら使うカードを決めていきます。

ポイントは最初に書いたように…

  • 手札6枚を維持
  • ユニットを倒されないようにする

…ことです。

手札6枚を維持するのは、キラーマジンガを使いやすくするため。

上の画像では手札にキラーマジンガが来ているので、8ターン目に6枚以上になるように手札を使っています。

HPを少しだけ高くしておく

トルネコは敵にダメージを与える特技が少ないため、ユニットを戦わせて盤面をとるしかありません。

なのでユニットが倒されてしまうと、盤面を取り返すことがものすごく大変になります。

そのために大切なのがユニットを強化できる「種」です。

ポイントは、相手の攻撃力よりもHPを少しだけ高くしておくこと。

HPが1高いだけでユニットは生き残りますし、相手は倒すためにユニットや特技を使わないといけなくなります。

種をうまく使って、相手に無駄なコストを使わせる。
これがトルネコで勝つためコツです。

種を無駄に使わない

ありがちなミスとして、種の無駄使いがあります。

やりがちなミスは、手札に種があるからと何も考えずに使ってしまうこと。

はっきり言って適当にユニットを強化していたら、運でしか勝てなくなります。

種は戦いを有利に進めるために、ものすごく重要なカード。

種を使うのは「ユニットを倒すため」か「ユニットを倒されないようにするため」のどちらか。

あるいは確実にリーサルが取れる時にしましょう。

3ターン目ビルダー城

3ターン目の動きとして、ビルダー城を建てることもあります。

上の画像では手札にプチファイターがいたので、明らかにビルダー城を建てたほうが有利。

4ターン目にトンブレロで残ったユニットを強化。
5ターン目は様子を見ながら、トンブレロ+道具屋で畳み掛ける。

そんな流れを考えてのビルダー城です。

基準となる回し方を覚えたら、状況に合わせていろいろ試してみてください。

※☆の数は執筆時のApp StoreまたはGoogle Playの数字です。