WW1 蒼空のエースは超リアルな3Dシューティングゲーム

WW1 蒼空のエース

WW1 蒼空のエースは超リアルな戦闘機に乗り込み、ジャイロセンサーかバーチャルパッドのどちらかで操作して、指定されたターゲットを破壊していく3Dシューティングゲーム。

特にジャイロセンサーでの操作は、戦闘機に乗っているような錯覚を覚える。と言っても飛行機を操縦したことないから、分かりませんけどね。

WW1 蒼空のエースのレビュー

操作方法

操作は仮想パッドを使うモードとジャイロセンサーをを使い、スマホの傾きで操作する方法の2パターン(正確には3パターン)用意されている。

このゲームの醍醐味はジャイロセンサーを使った操作なので、一度はジャイロセンサーで操作してほしい。

照準をつけるのが意外と難しい

プレイ画面

装備は機関銃とロケット、あとは地面に向けて発射する爆弾の3種類。この武器を使って指定されたターゲットを破壊していきます。

機関銃とロケットは画面中央にある「<>」で照準を合わせ、赤くなったら発射。何ですが、スマホの角度で飛行機が動くため、意外と当てるのが難しい。

まるでファミコンでスーパーマリオをプレイしていて、ジャンプと同時にコントローラーを上に振っていた時代を思い出します。

つい動かしてしまうんですよね。

戦闘機の強化

ホーム画面

戦闘機はミッションマネーやゴールドを使うことでステータスをUPさせることが出来ます。

当然最高速度は速い方が攻撃を食らいにくいですし、旋回性能が高ければキビキビと操ることが出来るでしょう。HPは機体の耐久力ですから高いに越したことはありません。

ミッションでマネーを稼いでガンガン強化しちゃいましょうね!

色々な戦闘機

また、ミッションマネーやゴールドで新しい戦闘機を購入することも出来ます。販売されている戦闘機は全て歴史上に実在したもの。好きな人にはたまらないでしょうね。

遊んでみた感想

プレイ画面

このゲーム、照準を取るのがすごく難しい。ジャイロと仮想パッド両方やってみましたが、仮想パッドの方が難しいかもしれません。何しろ細かい動きが出来なくて、中々照準が合わない。

ジャイロだとスマホ全体で操作できるので、角度を微妙に変えながら狙うことが出来ます。と言っても難しいですけどね。しかも、敵が全員一斉にプレイヤーを攻撃してくるから厄介で。

どこから攻撃されているのか分からないうちに撃沈されることも。

こういう3Dシューティングが得意な人は、本当にすごいなーと思いますよ。

WW1 蒼空のエース

WW1 蒼空のエース
開発元:DQI
無料
posted with アプリーチ