変身トルネコのデッキと立ち回りを考察

「変貌のくものきょじん」と「美容院」を使ってユニットを変身させる、使っていて楽しい変身トルネコ。

建物を使うのでヒーローはビルドが基本だけど、ビルドじゃなくても「変貌のくものきょじん」と「美容院」をデッキに入れれば、立派な変身トルネコデッキ。

ということで、変身トルネコのデッキと立ち回りを考察していきます。

デッキの中身

変身トルネコは「変貌のくものきょじん」と「美容院」を使って、ユニットを1ランク上に変身させて戦う、ちょっとしたギャンブル性のあるデッキ。

変身に当たり外れがあるからか、使っていてとっても楽しいのが最大の特徴。

そのデッキの中身はというと。

必須カード

変身トルネコの必須カードは次の3種類。

  • 変貌のくものきょじん
  • 美容院
  • デスバキューム

ほかのカードは好みで入れればOK。
特に「このカードは絶対に必要だ!」というのはありません。

ヒーローは「ビルド」がおすすめ。
建物サーチがあるので、美容室を手札に加えやすくなります。

入れたほうがいいカード

ビルドを前提で考えて、入れたほうがいいカードは…

  • プチファイター
  • ケダモン
  • 道具屋
  • ジゴック

…の4種類。

ビルドはレベルアップが速いので、シンクロをもつプチファイターを早いターンで強く使えます。

ケダモンはめちゃくちゃ強いので、外す理由がない。
道具屋は壊れるまで種を供給してくれる、とっても便利な建物。

ジゴックは建物の耐久値を+1してくれる上に、におうだちで守ってくれるとっても頼もしいユニットです。

ビルドで考えるから、この4枚は入れたほうがいいですね。

他のカードは好みでいい

ほかのカードは好みで入れればOK。

トルネコはどんなユニットでも、種で強化すればそれなりに戦えます。

とはいえバニラ(能力のないユニット)は避けて、何かしら能力のあるユニットを入れましょう。

変身の使い方

味方ユニット1体をコストが1高いユニットに変身させる「変身」

面白い能力ですが、どのユニットに変身するかはランダムなので、意外とギャンブル性が高い。

例えばコスト6のデスバキュームを変身させると、コスト7のユニットになります。

コスト7のユニットは現時点で29種類(グランプリで数えると)います。

29分の1で変身後のユニットが決まるので、まさにギャンブル!
当たればうれしいけど、外れると悲しいのが「変身」です。

ダメージを受けたユニットに使う

変身の使い方として考えられるのは、ダメージを受けたユニットに使う方法。

ある程度コストの高いユニットなら、変身させてもそれなりに戦ってくれます。

それに味方ユニットが1ターンでも生き残ってくれれば、より戦いやすくなるというもの。

使い方として「うまいなぁ」と思うのが、ダメージを受けたユニットを変身させる方法ですね。

高コストのユニットを変身させる

コストの高いユニットを変身させて、より強いユニットにする方法。

代表的なのが「デスバキューム」を変身させるパターンですね。

デスバキュームはコスト6のユニットなので、変身させればコスト7のユニットになります。

さらにデスバキュームはお互いのテンションの数によってコストが下がるため、早いターンでさせればかなり強い動きが取れるでしょう。

美容院で変身させれば、ユニットが生き残っている限りどんどん高コストのユニットに変身していきます。

考えただけでもわくわくするような、ロマンのある使い方ですね。

変身トルネコの立ち回り

変身トルネコの立ち回りは、選んだヒーロー次第。

ここではビルドを選んだ場合の立ち回りを考察していきます。

1ターン目

〇先行

先行の1ターン目はビルドを使うのが定石。

ビルドのLV1は建物サーチするもの。
なので残しておいても仕方がない。

早めに美容院か道具屋を手元に持ってきたいので、1ターン目はビルドを使うのが定石です。

●後攻

後攻も先行と同様に、1ターン目はビルドを使いましょう。

2ターン目

〇先行

ビルドのLV1スキル「ミッション達成」を使い、建物をサーチします。

サーチした建物が道具屋なら、ここで出してしまうのもあり。
というか、3ターン目でユニットを展開したいので、管理人は間違いなく出します。

美容室を引いた時、あるいは建物が引けなかったときは、コスト1のユニットを出すか、テンションをあげましょう。

●後攻

建物をサーチして道具屋を出すところまでは先行と同じです。

違うのは建物を引けなかったときや、美容室を引いたときは、テンションをあげるということ。

ユニットを出すよりも、テンションをあげたほうが、3ターン目に強い動きができます。

3ターン目

画像は4ターン目…。

〇先行

ユニットを出して行きます。
必要であれば、前のターンに出した道具屋から手に入れた種を使って、ユニットを強化してください。

出せるユニットがなければ、ビルドLV2のスキルで建物を出します。

おすすめは牧場ですね。

●後攻

後攻もユニットを出していきます。

後攻の場合手札がかなり増えているので、10枚を超えないように注意が必要です。

道具屋から手に入れた種を使う意味でも、ユニットを出したほうがいいかも。

必要であれば種を使って、ユニットを強化しましょう。

もしテンションスキルを使った場合は、ほぼ確実に手札があふれます。
なので、ユニットに種を使って手札の枚数を調整してください。

4ターン目以降

4ターン目以降は状況によって異なります。

基本はユニットを種で強化しながら戦っていくだけ。

できるだけ自分のユニットが倒されないようにしながら、相手のユニットを除去していけば、自然と勝利が見えてくるはずです。

ビルドのLV2スキルはいつ使うのか

よくビルドLV2の「なにをつくろう」を3ターン目に使う人を見ます。
ですが3ターン目に使わないといけないスキルではありません。

ユニットを展開してから「ビルダー城」で味方ユニットを強化することもできます。
テンションをあげたいときに「オアシス」を出すのもありです。

実際にデッキを使ってみると、3ターン目にビルドのLV2スキルを使うよりは、ユニットを展開したほうが強い動きになるケースが多い。

トルネコはユニットがいないと何もできないので、ビルドのLVにこだわるよりもユニットを展開したほうが、つよいんですよね。

変身にこだわりすぎると負ける

変身トルネコの立ち回りで、最大のポイントは変身にこだわらないこと。
変身にこだわると、はっきり言って負けます。

特にやりがちなミスが、初期カードにデスバキュームや美容院を残すこと。

デスバキュームはお互いのテンションが上がれば、低コストで出すことができます。
同時に美容院も出せれば、早いターンで強い動きができるでしょう。

ですが、相手のテンションをコントロールすることはできません。
テンションをあげてくれなければ、コストは3までしか下がらないのです。

仮に美容院のコストをビルドLV1のスキルで下げたとしても、出せるのは早くて4ターン目。
それもトルネコのテンションが3になっていないといけません。

相手のテンションを期待する時点で勝ちが遠のきます。

しかも4ターン目まで使えないカード2枚を手元に残すなんて、自ら弱い動きを選択しているようなもの。

変身はおまけ程度に考えることが、変身トルネコの立ち回りではすごく大切です。

※☆の数は執筆時のApp StoreまたはGoogle Playの数字です。