奇跡テリーのデッキと立ち回りを考察!

テリー

ドラゴンクエストライバルズで、かなりの強さを誇るデッキ「奇跡テリー」を勝手に考察。

  • 奇跡テリーを使っているけどレジェンドになれない!
  • 負けてばかりいてつらい!
  • 始めたばかりで使い方がよくわからない!

という方は是非参考にしてください。

デッキの中身

奇跡テリー

奇跡テリーは「きせきのつるぎ」をメインの武器として、攻撃力や使用回数を強化しながら戦うデッキ。

「きせきのつるぎ」を使うことで、攻撃と回復を両立させることができます。

しかも序盤から終盤までオールマイティに戦えるのも、このデッキの良いところ!

使い方さえ間違えなければ、というか多少間違えても相手を圧倒するパワーがあります。

必須カード

必須カードは…

  • ビルド:1枚
  • 武器屋:2枚
  • きせきのつるぎ:2枚
  • パプリカン:2枚
  • ファラリスブル:2枚
  • キングムーチョ:2枚

…の6種類。

ビルドは武器屋のサーチとテンションUP、カードのドローと「奇跡テリー」では必須のヒーロー。

そして「きせきのつるぎ」をサーチする武器屋は必須。

「またきせきのつるぎ」を強化しながら戦うデッキなので、武器の威力と使用回数を増やす「パプリカン」「ファラシルブル」「キングムーチョ」も必須です。

入れたほうがいいカード

入れるべきカードは…

  • みなごろし:2枚
  • シールドアタック:2枚
  • 剣豪の闘志:2枚
  • しんくうは:2枚
  • 稲妻雷光斬:2枚
  • ライアン:1枚

…の6種類です。

武器の威力でダメージが変わる「しんくうは」はかなり使いやすい。

みなごろしは敵味方すべてのユニットが対象になりますが、与えるダメージが8なので強力なユニットでも簡単に倒すことができます。

ライアンは回復&防御にもなる万能ユニット。
場に出すだけで相手にプレッシャーを与えられますし、貴重な回復源にもなります。

好みで入れるカード

好みで入れるカードは…

  • プチファイター
  • ファーリス王子
  • フェイスボール
  • ブラックベジター
  • やいばくだき
  • マッドファルコン

…ですね。

プチファイターは速攻がつくとすごく優秀なユニット。

ブラックベジターは建物がないと使えませんが、全体に2ダメージはかなり強力。

なのでこの2種類を入れているデッキをよく見かけます。

マッドファルコンはテリーの攻撃回数に応じてコストが下がる優秀な奴。
速攻を持っているうえに攻撃力3と強い!

とどめや壁の突破にも使いやすいので、入れている人は多いです。

ファーリス王子はガードされていると、ターン終了時にテンション+1をカード1枚ドローができる優秀なユニット。

ただ奇跡テリーで入れいている人は、ほとんどいません。
テンションスキルを回したい人や、カードのドローを多くしたいなら入れてもいいかも。

戦い方

1ターン目:テンションを上げる。

1ターン目は先行・後攻に関係なく、テンションを上げます。

理由は「奇跡テリー」なのか「イレブンテリー」なのか、わからなくするため。

といっても次のターンでばれますけどね。

2ターン目

2ターン目はビルドを使い、「ミッション達成」で武器屋をサーチします。

サーチが確定ではないところが少しつらいですが…。
ミッション達成を使うことで武器屋を引きやすくなるメリットもあります。

3ターン目

3ターン目は、ヒーロースキルの「なにをつくろう」で建物を出します。

出す建物は「オアシス」か「牧場」のどちらか。

「きせきのつるぎ」を持っているなら「オアシス」を出して、テンションを上げつつ回復するのもあり。

ただ割合として多いのは「牧場」ですね。

牧場建ててユニットを出すことで、4ターン目に「きせきのつるぎ」を装備しやすくします。

武器屋を出して「きせきのつるぎ」もサーチしておきます。

4ターン目

4ターン目は「きせきのつるぎ」を装備します。

牧場でユニットを出しておくと、敵ユニットの除去がしやすくなるメリットが。

オアシスでテンションを上げていた場合は、テンションスキルで敵ユニットを除去して行きます。

その場合、「きせきのつるぎ」を装備するのは、5ターン目以降になりますね。

5ターン目以降

5ターン目以降は「きせきのつるぎ」を強化しながら盤面を取っていきます。

特技やテンションスキルを使いながら、自分に有利な状況を作り出しましょう。

間違っても武器を装備していない状況を作らないこと。

武器関連のカードが多いため、武器を壊してしまうと一気に不利になってしまいます。

ちょっとしたコツ

最後に奇跡テリーで戦う時の、ちょっとしたコツを紹介します。

テンションスキルは攻撃しなくても回数になる

知っているようで意外と知らないのが、テリーのテンションスキル「稲妻の加護」は、稲妻の加護を受けて攻撃力を上げれば、攻撃しなくてもスキル使用の回数に加算されること。

奇跡テリーでは「きせきのつるぎ」を壊すことが嫌で、テンションスキルを温存してしまうことが結構あります。

ですがこれはすごくもったいない。

スーパーカーやファーリス王子が盤面に出ていて、テンションを上げやすいときは、攻撃しなくてもテンションスキルを使って、スキルの使用回数を増やしましょう。

スキルの使用回数を増やすと「剣豪の加護」の威力が上がるので、とどめを刺しやすくなります。

できるだけ早く建物を3つ建てる

ファラリスブルは、建物を3つ以上建てておくと装備中の武器を+1/+2してくれるユニットです。

建物が2つ以下だと耐久が+1されるだけになってしまいます。

つまりファラリスブルを有効に使うには、早めに建物を3つ建てることが大切。

無駄に立てても仕方がありませんが、できるだけ早く3つ建てたほうが、有利に戦えます。

敵リーダーに応じてユニットの配置を変える

敵のリーダーに応じてユニットの配置を変えることも大切。

例えば…

対テリーでは横一列にユニットを並べない。
対ピサロは後列にユニットを出さない。
対アリーナは前列にユニットを出さない。

…などです。

またアリーナと戦うときは、「におうだち」を持つユニットの後ろに、建物を置くようにすると効果的です。

相手のデッキを予測する

対戦相手のデッキを予測することも大切。

ドラゴンクエストライバルズで使われるデッキは、ランクが上がるほど偏ってきます。

なので使うカードを見れば、どんなデッキなのかは一目瞭然。
デッキが分かれば対策も考えやすくなりますよね。

例えばピサロで「プチさまようよろい」が出てきて、ヒーローが「エイト」だとほとんどが塔ピサロです。

塔ピサロは強化されたピサロが大量に出てくるので、複数の敵に攻撃できる特技を残しておくと戦いやすくなります。

こんな感じで、序盤に使われるカードで相手のデッキを予測しましょう。

どんなデッキが流行っているかは「バトルチャンネル」を見れば一目瞭然。

流行っているデッキが分かれば、戦いやすくなりますよ。

※☆の数は執筆時のApp StoreまたはGoogle Playの数字です。