ファントムゲート: The Last Valkyrie

ファントムゲート: The Last Valkyrie
★★★★★(4.7)
アドベンチャーRPG
Netmarble Corporation
2018年9月18日リリース

ファントムゲート

「ファントムゲート: The Last Valkyrie」は、狂気に侵された主神「オーディン」の手から、主人公「アストリッド」の母「レネータ」を救い出すために、北欧神話をモチーフとした美しい世界を探検するアドベンチャーRPG。

バトルは攻撃速度によって順番が変わる、ターン性のコマンドバトル。
各キャラクターは通常攻撃と2つのアクティブスキルを使い、敵と戦っていきます。

面白いのはステージごとに、横視点で移動するマップがあること。

このマップではクエストを受けたり、アイテムを探したり、時にはパズルを解いたりしていきます。
隠し通路なんかもあるので、探検要素の高いステージ攻略が楽しめますよ。

※プレイ動画

横視点で探索するステージ

ステージを選択してモンスターと戦うだけじゃなく、アクションゲームのように仮想パッドで移動して、アイテムを集めたりクエストを受けたりできる探索モード。

ファントムゲート: The Last Valkyrie

ウィングを見つければ空を飛ぶこともできるし、アクションボタンでスイッチを動かすこともできます。

ファントムゲート: The Last Valkyrie

途中にいる人と話をすれば、ステージクリアに必要なクエストを受けることも!

ファントムゲート: The Last Valkyrie

ほかにも、スイッチを使った扉やエレベーターなどの仕掛けや、ダメージを受ける槍や爆弾などのギミック、隠し通路なんかもある!

この探索モードがあることで、冒険しているなぁって感じることができるんです。

ちょっとしたパズルのような仕掛けもあるのが良いんですよね。

ターン制のバトル

コンシューマーゲームで採用されていた、攻撃速度によって順番が決まるターン制のバトル。

ファントムゲート: The Last Valkyrie

属性による有利不利やド派手なスキルもあって、なかなか戦略性の高いバトルを楽しむことができます。

このバトルの特徴は、上から落ちてくる様々な効果を持ったバブル。
ブルーバブルはMP増加や攻撃力増加などバフの要素があり、レッドバブルはデバフの要素があります。

ファントムゲート: The Last Valkyrie

このバブルをスワイプで味方や敵に適応させると、より戦略的なバトルを楽しむことができます。

ちなみにブルーバブル・レッドバブルともに、敵味方両方に使えるので対象を間違えると大変なことに…。

個性的なキャラクター

「ファントムゲート: The Last Valkyrie」ではファントムと呼ばれるキャラクターが、なんと300種類以上も登場!

ファントムゲート: The Last Valkyrie

ただ見た目はお世辞にも、カッコイイともかわいいとも言えないかな。

ファントムは経験を積んでレベルを上げるほかに、同じファントムのエッセンスを使った強化や、ルーンを使った進化ができます。

全てのファントムが最高レアの最高レベルまで育成できるみたいですね。

またファントムを育てていくと、ヒーローの能力がアップする効果を得ることが可能に!

ファントムゲート: The Last Valkyrie

全てのファントムが星座の形で並んでいて、100%まで育てると色々な能力が得られるんですよ。

これはメチャクチャやりがいのある育成ですね!

ヒーローの育成

ヒーローは特定のステージをクリアすると開放。
攻撃特化や防御特化など、それぞれ異なる特徴を持ったヒーローが5人もいます。

ファントムゲート: The Last Valkyrie

育成はレベル上げのほかにスキルのレベル上げや覚醒、ジュエルの装備があります。

ヒーローのレベルは共通になっているので、ファントムの編成に合わせてヒーローを変えることもできるんです。

ちなみに覚醒すると見た目が変化し、よりカッコよくなります。

コンテンツ

「ファントムゲート: The Last Valkyrie」には、クリアしたステージのバトルだけを体験できる記憶の回廊や、他プレイヤーが育てたキャラと対戦するアリーナなどのコンテンツが用意されています。

ファントムゲート: The Last Valkyrie

これらのコンテンツをクリアすると、ヒーローやファントム育成に必要な素材を入手できます。

ファントムのエッセンスも手に入るので、非常に有難いコンテンツです。

そしてアリーナでは、他のプレイヤーが育てたキャラと、コマンドを指示して戦うことができます!

ファントムゲート: The Last Valkyrie

コマンドを指示できるってことは、やり方次第で格上の相手にも勝てる、かもしれないということ。

オートで戦うよりも熱い対戦を楽しめますよ。

序盤攻略のコツ

序盤は手に入れたファントムを鍛えつつ、チャプターをクリアしていきましょう。
ちなみにバトルのポイントとしては、各個撃破を狙うことかな。

ファントムゲート: The Last Valkyrie

まず倒すべきなのは、ハートマークを持っている「プリースト」です。
プリーストは味方を回復してくるので、残しておくと長期戦になりやすく、すごく厄介なクラスですね。

次に狙うべきなのは、盾マークの「タンク」です。
タンクはHPと防御力が高く、かなり固い厄介な敵ですが、それ以上に自分だけを攻撃させるスキル「挑発」が厄介なんです。
どうせ挑発でターゲットを固定されるなら、最初から狙って倒した方がスムーズに戦えます。

「ウォーリアー」と「ウィザード」は攻撃力は高いんですが、守ってくれるクラスがいなければ余裕で倒せます。

ギフトボックスを受け取る

GMのギフトボックスはプレイ時間が経過すると受け取れる、非常にお得なプレゼントのこと。
№1~№6まであり、15分おきに1つ貰うことができます。

ファントムゲート: The Last Valkyrie

このギフトボックスの特徴は、受け取ってから次のナンバーのカウントが始まること。
例えば№1を受け取らずに30分経過しても、№2や№3のギフトは貰えないんです。

なので時間が経過したら確実に受け取りましょう!


[PR]
.1
真・三國無双 斬
真・三國無双 斬
★★★★★(4.5)
アクションRPG
無料・アプリ内課金

本作はコーエーテクモゲームスの「真・三國無双7」をベースに開発された、群がる敵をバッタバッタとなぎ倒していく、ド迫力かつ爽快なバトルで話題沸騰中のタイトルだ!

敵・味方の武将たちはもちろん、大量に出現する雑魚兵士たちまで美麗3Dグラフィックで描かれており、バトルシーンは超ド迫力。

敵を倒すほど上がる攻撃力に、ほとんど途切れることが無いコンボ。
通常攻撃からスキルへとつなぐテクニックなど、無双アクションの爽快感をトコトン楽しむことができる

真・三国無双 斬

三国志の世界で活躍した武将たちが登場するストーリーでは、フルボイスで流れる映画のようなムービーを交えながら、三国志の歴史を追体験。

もちろんスマホならではのコンテンツも用意。
全国のプレイヤーと協力して戦う「幻影討伐戦」や、リアルタイムで対戦できる「武闘場」など、いつでもどこでも協力・対戦コンテンツが楽しめるぞ。

いまならリリース記念で豪華特典配布中!

――プレイした感想――

★★★★★
スマホで手軽に無双できると思えばいいアプリだと思います。ビデオゲームと比べてる方いますが、これはあくまでスマホのアプリ。 無双が好きというのもありますが、グラフィック綺麗で好きな武将で敵を倒していくのは爽快。 運営の方々には長く続いていけるように頑張って頂きたいです、期待してます!

★★★★★
ゲーム機の無双は自由にフィールド動き回れるけど時間かかるからどうなるんだろうと思っていたけど、アプリは短時間でクリア出来る点がいいなと思った。グラフィックはきれいなのに、サクサク動くから凄い。バッサバッサ敵を倒す感覚がスマホで体験出来るようになると思っていなかった。期待以上だった。

引用:Google play

 

.2
マフィア・シティ-極道風雲
★★★★★(4.8)
リアルタイムストラテジー
無料・アプリ内課金あり

本作はマフィアの世界を舞台とした新感覚のリアルタイムストラテジー。
マフィアのボスとしてグループを強化し、時には美女を囲いつつ、縄張り争いでの勝利を目指せ!

基本的な部分は王道リアルタイムストラテジーを守りつつ、施設に「紙幣工場」があったり、部下に「暴走族」がいたりと、マフィアの世界観をしっかりと表現

マフィアのボスらしく別荘に美女を囲うこともできる。
プレゼントやミニゲームで、美女たちの親密度を上げると衣装がどんどん過激に変化!。
しかも美女を囲うほどスキルが開放されていくから面白い。

やるべきことは自分のグループを強くすることだけ。
様々な子分を集め、時には他のプレイヤーと同盟を結び、世界中のマフィアグループの縄張りや財産を、抗争で奪い取れ!

――プレイした感想――

★★★★★
マフィアもののゲームってだけでテンションが上がる!似たようなゲームは沢山やったけど、世界観もゲーム性もこのゲームが一番面白い!

★★★★★
少しずつ自分の組織をでかくしていくところが面白い!仕事の合間にちょこちょこいじくって強くしています。

引用:Google play

 

.3
アークザラッド R
アークザラッド R
★★★★★(4.5)
ファンタジーRPG
無料・アプリ内課金あり

PlayStation®黎明期を彩った至高の名作『アークザラッド』の完全新作。

バトルはシリーズ過去作同様に、ちびキャラがバトルフィールドを移動して戦う、タクティカルバトル。
シリーズを踏襲しているだけじゃなく、タップやフリック操作にも対応し、スマホでも遊びやすくなっている

アークザラッド R

アークザラッド Rが描くのはアークザラッドⅡの10年後の世界。

主人公のハルトと、謎の少女ミズハ。この二人を中心にストーリーが展開していく中、ところどころで聞いたことのある地名やキャラクターたちが登場し、物語を彩っていく。

「古代王の地下遺跡」「ハンターズギルド」「闘技場」など、シリーズお馴染みのやりこみ要素も実装!
過去作をプレイしたファンにはたまらない作品だ!

――プレイした感想――

★★★★★
続編ものとしての完成度は高いです。結構こういった前作のその後のストーリー系のアニメもゲームも漫画も大体駄作に成り下がるところを、しっかり作りこまれていて個人的にはストーリーだけなら大満足。

★★★★★
戦闘のシステムがいいですね。敵の行動範囲を予測したり、相手の背後を取ったり、カウンターできる向きを考えたりと戦略要素が尽きないくらいあるので、凄く楽しめます。

引用:Google play

 

.4
キングスレイド
キングスレイド
★★★★☆(4.4)
ファンタジーRPG
無料・アプリ内課金あり

キャラガチャなし! 冒険を続けることで仲間が増える王道ファンタジーRPG

キャラの入手方法はストーリーで仲間にするか親密度を上げて仲間にするか、あるいは指定購入するかの3種類。
いつ目当てのキャラがでるか分からないガチャに一喜一憂することなく、純粋にゲームを楽しめる。

バトルはセミオートだが、攻撃で敵のスキルを潰したり、スキルでキャラを移動させたりと、隠しテクニックが存在するのも面白い!

スキル演出もド派手で迫力満点。キャラごとの使いまわしは一切無く、仲間を増やして使う楽しみもある。
しかも全キャラ最高レアの最高レベルまで育成可能!
お気に入りのキャラと一緒に広大な世界を冒険できる、まさに王道のファンタジーRPGだ。

――遊んだ感想――

★★★★★
リリース日に触り程度で辞めたけど数日後再度プレイして数ヶ月目。PvP最強を目指さなければ微課金でも割と大丈夫。 石バラまきはまだ割と多いしスキンも2000円分の石で買えるからキャラ好きにはすごく良い、このままの状態なら気持ち良く課金したいと思える。

★★★★★
ほんっと最高です!!! ストーリーは面白いし、バトルはスキル操作だけで且つauto、高速があるところ良いです。キャラは購入なのでリセマラ無しで進められますし自分の好きなキャラを使えるのが良いです。

引用:Google play

 

.5
ブラウンダスト
ブラウンダスト
★★★★★(4.5)
采配バトルRPG
無料・アプリ内課金あり

戦略性の高い独自のバトルシステムを採用した采配バトルRPG

独自のバトルシステム「ディレクティブ・ポジション・バトル」は、キャラの配置から攻撃対象、攻撃の順番まで、バトルの細かいところまで指示することができる。

例えば敵の要となるモンスターに連続攻撃を当てて瞬殺する。
強力な攻撃をかわすために、犠牲となるキャラを配置するなど、状況に応じて様々な戦術が楽しめる

ブラウンダスト

もちろんRPGとしてのクオリティも高く、主人公が身分を隠して真実追い求めるストーリーは、引き込まれること間違いなし。

300近い個性豊かなキャラクターが登場し、全キャラクターが最高レア・最高レベルまで育成可能。
ほかにもアリーナ(PvP)やギルドバトル、チャレンジモードや遠征モードなど、やり込み要素も満載!

――遊んだ感想――

★★★★★
半年プレイして、優良誤認の騒動にも、プレイヤーに歩み寄った対応で好感が持てる。配布ダイヤも多く、ガチャバランスも良い。 絵、ゲーム性、操作性は○ コンテンツも充実してきたので今後にも期待。 良くも悪くもオープン時代に最強と言われたキャラも衰退したので、今から始めても遅くはない。

★★★★★
プレイして早2ヶ月。スキル上げも、運営が配布してくれるアイテムで比較的あげやすく、課金アイテムも、少しではあるが毎日二回ログインで配布。さらにデイリーミッションでも、イベントクエストでも配布。 ガチャ渋いなーとは思うが、それに見合う配布量で、そこそこ回せる、よいゲームだと思います。

引用:Google play

 

※☆の数は執筆時のApp StoreまたはGoogle Playの数字です。

おすすめスマホゲーム

イチオシゲーム

新作ゲーム

新作ゲーム